読書

【読書】待てばカイロの盗みあり:赤川次郎

あらすじ

夫の淳一は役者にしたいほどのいい男だが、実は泥棒。

片や妻の真弓はだれもが思わず振り返るほどの美人だが、実は警視庁捜査一課の刑事。

このユニークカップルがディナーを楽しんでいると、突然男が淳一に「命をいただきます」とピストルをつきつけてきた。

それは、数日後に開催予定の<古代エジプト秘宝展>につながらる連続怪奇殺人事件の幕開けだった・・・。

人気シリーズ第二作目登場!

待てばカイロの盗みあり 裏表紙より

感想

「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズの二作目。

一作目と同様に夫の淳一がクールに何でもこなしめちゃくちゃカッコ良いです。

でも、まだ二作しか読んでませんが、発砲がやたら多い。

確かに妻の真弓は殺人事件の担当みたいなんで、発砲シーンがあるのは普通なのかもしれませんけど。

でも、家でも何度も暴発してしまったり、正当防衛とはいえ、相手を普通に殺してしまったりを何度もしてるので、それは問題にならないのか?と疑問を持ってしまい、中々気持ちが入って行きませんでした。

小説なんで、そんなところに疑問を持ってもしょうがないんで、気にしてもしょうがないですけど。

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで休職中→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/ #30DAYSトライアル 1st完了→2nd実施中 / 日々の学習内容をブログにアウトプット / まずは月収5万円を目指す