うつ病闘病記

30代うつ病体験記】 休職中の過ごし方

前回の記事で休職の取得方法を書きました。

今回は休職中の過ごし方について書いていきます。

※これはあくまで僕の会社での例なので、会社によっては対応が違ってくることについてはご了承ください。

休職中の過ごし方

休職中の過ごし方として会社の方から注意された事は以下の通りです。

  • 副業をしないこと
  • 転職活動をしないこと

あくまで会社に戻る前提の休職になるので、お金もらいながらゆっくり転職活動しようというのはNGということです。

もちろん副業もNGになります。

そもそもうちの会社は副業OKではありませんけど。

逆にそれ以外には会社からの連絡を取れるような状況(携帯番号を伝える)にさえしておけば、他は何やってもOKということになります。

普通に遊んだって良いんです。

1日中ゲームしたって良いんです。

旅行したって良いんです。

大事なのは日頃のストレスをうまく発散させることになります。

休職中の過ごし方(僕の場合)

僕の休職期間は1ヶ月。

その間の僕の過ごし方を紹介します。

1週間目

最初の1週間はただひたすらテレビなどを見ながらがボーッとしていました。

というかそうするしかできなかったというのが正直なところです。

何かをしようとしても体が動かなかったので。

2週間目

2週間目は徐々に外出するようになってきました。

外出の内容は主に散歩。

日光を浴びてゆっくり散歩する。

いつまでも部屋でボーッとしてても何も状況は変わりません。

ボーッとするとストレスの要因となったことを思い出して、さらにストレスを感じることになります。

日光を浴びて散歩をすることで、落ち着きや心地よさ、満足感などを感じ「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが分泌されます。

うつ病の薬もセロトニンを増やすものが多いです。

この時、ぼくが処方されていたのが、レクサプロを処方されていました。

しかし、うつ病に対する薬はいくつかあり、その薬があうのは3分の1の確率だそうです。

まずはメジューどころのレクサプロあたりからスタートして、改善が見れないようであればどんどん薬をかえて自分にあった薬を探して行くことになります。

3〜4週間目

散歩を継続しつつ、好きな小説を読み漁りました。

これはあくまで僕の場合なので、これがゲームであっても旅行であっても変わりません。

自分が好きなことをしてストレスを発散しましょう。

こうやってストレスを発散してなんとか予定通りの1ヶ月で職場復帰を果たすことができました。

休職中の過ごし方の注意点

休職中の過ごし方で僕が注意した点は下記になります。

  • 会社は自分がいなくても回る
  • SNSは控える

この2点ですね。

順番に見ていきます。

会社は自分がいなくても回る

皆さん会社は自分がいないとまわらないと思っていませんか?

自分の代わりなんていないって思っていませんか?

真面目にストレスを溜め込んでまでバリバリ働いていた自分がいないとみんな困ってると思っていませんか?

休職したとしてもロクに引き継ぎもしていないので、ガンガン電話くると思ってませんか?

残念ながら困りはするでしょうが、自分の代わりは用意されれるし、会社も回って行くのが現実です。

電話がかかってくることもありません。(実際にはありましたが、ほとんどなかったです)

自分の変わりは用意されて、会社はまわっていくのです。

なぜこれを言いたかったのかというと、休職中に上記のようなことを考えるのはもったいないからです。

自分がいなくても会社はまわっていくので、会社のことは考えずに療養に専念するようにしましょう。

SNSは控える

休職中はSNSは控えましょう。

基本的に何をしても自由なので、SNSをやっても全然OKなんです。

でも、SNSで会社の方と繋がっていて、旅行や遊びまくってるいるような書き込みを会社の方が見たらどう思うでしょうか?

自分が逆の立場になって考えてみてください。

「休職中うまくストレス発散してるなぁ」

って思う方はどれだけいるでしょうか?

たいていの方は

「こっちは忙しいのに遊び呆けやがって!」

って思いモヤモヤするのではないのでしょうか?

ですので、自分が楽しいことをSNSにあげたいのは分かりますが、休職中のSNSは控えましょう。

どうしてもSNSをやりたいのであれば、会社の方に絶対バレないアカウント作って、バレないように運用するように注意してください。

実際に遊びまくってる様子をSNSにあげまくって会社から厳重注意されたという事例もあるので本当に注意してください。

休職中にやらなければならないこと(僕の場合)

休職中にやらなければならいことは僕の場合は以下のの通りです。

  • 日々の行動を記録する
  • 月1回に会社の人事の方と面談する

順番に見ていきます。

日々の行動を記録する

所定の書類に日々の行動を記録する必要がありました。

そこまで詳しく記述する必要はありませんが、毎日記録するのはめんどくさいです。

月1回に会社の人事の方と面談する

会社の人事部の方と月1回の会社の人事の方と面談する必要があります。

面談といっても、日々の行動記録を提出するのと雑談をするだけです。

しかもこっちが会社に出向く必要はなく、人事部の方が自分の家の近くまで来てくれてそのへんのファミレスとかで面談します。

そのファミレスが行きつけだったらちょっと恥ずかしいかもしれません。

まとめ

今回は休職中の過ごし方や注意する点、やらなければならいことを紹介しました。

これはあくまで僕が所属する会社での話しなので、それぞれの会社によって微妙に違ってくるとは思います。

しかし、注意する点に関しては会社によっての話しではないはずなので、皆さん気をつけて療養しましょう。

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで休職中→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/ #30DAYSトライアル 1st完了→2nd実施中 / 日々の学習内容をブログにアウトプット / まずは月収5万円を目指す