30DAYSトライアル4th

30DAYSトライアル4th(Rails)のまとめ【DAY13】

4th(Rails)DAY13の課題は「Progate Rails コース(3章まで)」です。

DAY12では投稿一覧ページを作成しながらデータベースの操作を学習しましたが、DAY13では投稿詳細画面と新規投稿ページの作成を通して、データベースの検索方法と実際のレイアウトからデータベースを更新する方法を学習していきます。

この3章を終えると道場コースが挟まるので、ここが一つの区切りになります。

テーブルの特定レコードを取得する:find_byメソッド

特定のレコードを取得するためには「find_byメソッド」を使用する。

URLに変数を含める

ルーティングのURL部分に「:」を使用することで、URLに変数を含めることができる。

値を受け取るページのルーティング

値を受け取るページのルーティングは「get」ではなく「post」と記述する。

フォームの送信先を指定する:form_tagメソッド

「form_tagメソッド」を使用することで、フォームに入力されたデータを送信することができる。

リダイレクト

他のURLに転送(リダイレクト)するには「redirect_toメソッド」を使用する。

データを並び替える:orderメソッド

「orderメソッド」を使用することで、テーブルからデータ取得時の順番を指定できる。

まとめ

テーブルの特定レコードを取得したり、テーブルへのデータ追加方法などを学習しました。

通常であればいずれもSQLを記述しなければならないものが、Railsだとプログラム1行ですんでしまうので楽ですね。

楽であるが故に複雑なSQLのクエリは発行できないなどの弊害はあると思いますけど。

次は1章〜3章の総まとめの道場コースになるので、さくっと復習(自分のブログ記事を見直し)してのぞみたいと思います。

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで休職中→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/ #30DAYSトライアル 1st完了→2nd実施中 / 日々の学習内容をブログにアウトプット / まずは月収5万円を目指す