PHP

【書評】気づけばプロ並みPHP改訂版-ゼロから作れる人になる!

現在、PHPでTwitter風アプリを絶賛開発中ですが、「自分で0から開発してみよう」と思わせてくれた書籍をご紹介します。

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!です。

気づけばプロ並みとまでは行きませんが、ゼロから開発してみようと思わせてくれます。

気づけばプロ並みPHP改訂版-ゼロから作れる人になる!の概要

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!はショッピングサイトをスクラッチ開発で作成していく本になります。

スクラッチ開発とは

既存のフレームワークやパッケージなどを利用せずにプログラミングを行い、システムを作り上げることにります。

つまり、0から1を作る開発方法です。

昨今、フレームワークやCMS(WordPressなどのコンテンツ管理システム)が普及したので、0からシステムを作成することがなくなってきています。

既存フレームワークをちゃちゃっとカスタマイズしてシステムが完成しますが、果たしてこれがプログラミングと呼べるのか?

というところから気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!は誕生しています。

ちなみにぼくはフレームワークやCMSをカスタマイズするのもプログラミングだと思っています。

そうでないと今僕が会社で行っていることはプログラミングじゃないって言われてるようなものですからね。

まぁ会社では独自のフレームワーク(パッケージ)を使っててWeb業界でもないので、汎用性は限りなく薄いですがアルゴリズムを考えるという点では成長できていると思っています。

気づけばプロ並みPHP改訂版-ゼロから作れる人になる!の対象者

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!は一応中級者レベルの本となっているので、全くの初心者のかたは姉妹本である、いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~から始めるのが良いと思います。

  1. 0からプログラムを作る経験が一度もなく、なんとなく不安な方
  2. プログラミングの入門的なことはやったけど、そこから先、何をしていいか分からず止まってしまっている方
  3. データベースを使うWebサイトを、自分で作れるようになりたい方
  4. 外注に頼りっきりのWebクリエイターや企業のWeb担当者
  5. CMS(WordPressなど)のカスタマイズはできるけど、中身が何をしているか分からないままで不安な方
  6. 新人研修のテキスト選定に困っている人事担当・教育担当の方
  7. 超入門書「いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~」をやってみて、もっと知りたくなった方
  8. PHPでスクラッチ開発がやってみたくなった方

引用元:気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!まえがき

僕は①に該当するので、この本を手に取りました。

Progateが終わってからどうしても良いから分からない(②)という方向けにもなります。

気づけばプロ並みPHP改訂版-ゼロから作れる人になる!で学べること

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!で学べることは以下の通りです。

1章:いろいろ準備編

プログラミングを学習する上で一番つまずくであろう開発環境の構築になります。

Webサーバーとデータベース(MySQL)がセットになったXAMPPとテキストエディタのインストールを行います

2章:お店のスタッフは誰

ショッピングサイトを管理する側のスタッフの登録・修正・削除画面の作成を行っていきます。

この章では以下のようなことが学習できます。

  • データベースの設計・作成
  • フォーム関係
  • POSTとGETの違い
  • 安全対策
  • パスワードの暗号化
  • if文

3章:お店に商品を並べよう

ショッピングサイトを管理するスタッフの登録・修正・削除画面の作成が完了したら、ショッピングサイトで販売する商品を準備する画面の作成を行っていきます。

この章では以下のようなことが学習できます。

  • 正規表現
  • 画像のアップロード

4章:関係者以外は立ち入り禁止

ショッピングサイトの商品を準備する画面にだれもがアクセスできてはいけませんよね?

この章ではそれを防ぐためにスタッフのログイン画面の作成を行っていきながら以下のようなことを学習していきます。

  • ログイン
  • ログアウト
  • セッション
  • クッキー

5章;遊びでスキルアップ

この章ではショッピングサイトから一旦離れて、ミニアプリを作りながら以下のようなことを学習していきます。

  • 配列
  • else if
  • 連想配列
  • foreach文
  • switch文
  • 関数作成

6章:憧れのショッピングカートを作ろう

Amazonや楽天で買い物をするときに買いたい商品をショッピングカートに入れますよね?

この章ではそのショッピングカートの仕組みを作成していきながら、以下のようなことを学習していきます。

  • var_dump
  • array_splice(配列の要素削除)
  • coutn(配列の件数検索)
  • for文(逆順ループ)
  • in_array(配列の中身検索)
  • チェックボックス
  • ifで複数判断

7章:注文を受けよう

実際にショッピングカートの中身を決済する処理を作成していきます。

この章では以下のようなことが学べます。

  • nl2br()(開業の¥nを<br>に置き換える)
  • LAST_INSERT_ID(DBに最後に登録されたIDを取得する方法)
  • フラグ制御
  • テーブル結合
  • テーブルロック(排他制御)
  • 変数への文字列追加
  • 配列のクリア
  • メール送信

8章:Excelで注文管理したい

注文を管理するためにデータベースの内容をCSVファイルとしてダウンロードする方法を学習します。

  • CSVファイル
  • プルダウンメニュー
  • ファイルアクセス
  • substr
  • 文字コード変換

9章:お客様に会員になってもらおう

お客様に買い物していただく際に、毎回のように住所などを入力させるのはお客様にとって優しくありません。

会員登録したら、お客様情報の入力をスキップできるような仕組みを学習していきます。

ここまできたら、今まで学習してきたものの中でほとんどまかなえてしまうので、この章で新たに登場するのは以下のみとなります。

  • ラジオボタン

気づけばプロ並みPHP改訂版-ゼロから作れる人になる!の評判・口コミ

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!の評判・口コミです。

Amazonには48件のレビューが掲載されており、星3.9となっています。

元基幹業務系のSEでしたがプログラム開発は嫌いで避けておりました。先日TVで猟師のお爺さんが獲物が罠にかかるとスマフォに掛かったと連絡が入るアプリを開発した事を知って。元SEとしてだったら自分でもできて当たり前ではないか?少し前顧客より、自社の基幹業務の発注処理を仕入先でウェブ上で行えないかとの問い合わせに対し、自分のスキルの無さから積極的に提案できなかったのですが、もしかしたらPHPで実現できるのではないか?という事で、今マニュアルを購入しました。1ヶ月くらいで大体マニュアルに従って進みました。エラーが出ても大抵が入力ミスで、マニュアルのバグはありませんでした。又SQLの使い方も結構詳しく記述されているので大変役に立ちました。
スクラッチで開発するという事は素晴らしい事です。今まではメーカーから高価な開発ツールを購入して、OSのバージョンが上がるをツールも上げなければならず結果メーカー配下でシステムを構築しなければならなかったのです。
しかしスクラッチは完全自主責任ですので、もう少し復習をしてから顧客向けシステムの実現に向けて検討してみたいと考えています。まだ自信はありませんが、このマニュアルとウェブを手引書にして取り組む予定です。
PHPの勉強のために購入しました。
この本ではECサイトを作りながらPHPを学ぶ形になるのですが、ECサイトの制作でPHPの実践的な使用方法は一通り学べます!
この本の内容を理解するだけでECサイト以外の機能にも応用ができ、PHPで実現できるプログラムの基礎はある程度できました!
改訂版というので、コードがphp7の最新版の対応に期待していたが、コードが所有の初版(php5.5)とほぼ同じ内容で、最新の状態合わせた校正がきちんとなされていません。残念です。phpの本は仕事柄沢山買って読んでいますが、ここまで手抜きの本はひどいです。
どうしてもこの本で勉強したい方、先にphp7の本を買ってから勉強したほうが少しはましかもしれませんが時間の無駄です。
phpはコラムを読むだけにしないと、実際にコード入力で、手を動かすとサバーエラーの連続でグーグル検索しても、答えが出てこず、初心者は手を出しちゃだめです。地獄を見ます。
52ページのXAMPPのテーブル設定からいきなり詰まりました。
いきなり2-1で この本どおりに進めてもできないことが判明しますよ
「返り値が空です」 何度やってもこれです
とても残念な書籍

気づけばプロ並みPHP改訂版-ゼロから作れる人になる!のまとめ

この本は、文法を学んでから何かを作ろうというのではなく、「ショッピングカートのこの機能に必要な機能はコレ」といったように進んでいきます。

ですので、他のプログラミングの本ではまず「if文は条件分岐に使用して・・・」のような説明ではなく、「ショッピングカートのこの部分はif分を使って実装しましょう」といってif分の説明が行われます。

最初にプログラミングの構文を全て叩き込むのではなく、必要な時に必要な構文を学ぼうというスタンスですね。

僕個人としては、そのほうがよりプログラムを作っている感じが味わえるので良いなと感じましたね。
(実際の現場ではググって調べながらプログラミングしているので、ググる変わりにこの本が教えてくれるという感じになります。)

本に乗っているコードは初心者の方でもできるだけ分かりやすくするために、オブジェクト指向や敢えて冗長的(繰り返し同じ処理を記述する)したりしているのので、コード自体は綺麗ではありませんが、分かりやすく仕上がっています。

そもそもコードが間違えているのはどうにかしてほしいですが・・・

僕は別の言語でプログラミングの経験もあったので、本のコードをそのまま打つのではなく、共通化できるところは積極的に共通化したりするようにして作成していきました。

また、PHPに特化している本になるので、完成したショッピンサイトの見栄えは全然良くありあせん。

ここは読者自身で手を加えていくところというふうに位置付けられているので、ショッピングサイトの見栄え構築も一緒に学べると思っている方にはオススメできませんが、

「スクラッチ開発を1度はやってみたい」「見栄えも含めて作ってやるぜ」みたいな方にはオススメできる1冊になっています。

現に僕はこの本をよんで、Twitter風アプリのスクラッチ開発を始める勇気とパワー、知識をもらいました。

繰り返しになりますが、0から1をプログラミングで産み出したい方には気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!はオススメです。

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで休職中→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/ #30DAYSトライアル 1st完了→2nd実施中 / 日々の学習内容をブログにアウトプット / まずは月収5万円を目指す