ガジェット

iPad mini PC化計画 Arteck超薄型Bluetoothキーボード

僕はiPad mini5を持っているんですが、なんとかモバイルPCのように使えないかと思ってます。

なぜならウルトラモバイルPCであるGPD Pocket2に憧れているからです。

7インチのPCなんて男のロマンですよね!!

それを目指して購入したのがArteck超薄型Bluetoothキーボードです。

今回はそんなArteck超薄型Bluetoothキーボードをレビューしていきたいます。

Arteck超薄型Bluetoothキーボードの外観


画面上部の溝にiPad miniを差し込む感じです。


背面.

4つのゴム足がついてるのはMacBookっぽくて嬉しい点ですね。

 

そして、iPad miniを装着。

すっげぇiPad mini本体が長く見えるw
(自分の写真の撮り方だけど・・・)


iPad miniを閉じたら、そんな商品だったんじゃ?

と思わせてくれる仕上がりになっています。

Arteck超薄型Bluetoothキーボードの良い点

Arteck超薄型Bluetoothキーボードの良い点は以下の4点になります。

  • iPad miniをMacBookっぽくみせれる
  • ショートカットキーが豊富に揃っている
  • iPad miniを閉じれば画面保護が可能
  • オートスリープ/ウェイクアップ機能がついている

順番に見ていきましょう。

iPad miniをMacBookっぽくみせれる

これは写真でわかるとおりですね。

これでトラックパッドがついてたら完全にMacBookです。

これならスタバででもドヤれるんじゃないでしょうか?

強いて言うなら、スペースキーのロゴがダサいってとこでしょうか。

ショートカットキーが豊富に揃っている

キーボードにはfn(ファンクション)キーがついており、fnキー+数字キーに様々なショートカットが割り振られています。

割り当てられてるショートカットキーは以下になります。

  • ホーム画面にもどる
  • 画面を暗くする
  • 画面を明るくする
  • 切り取り
  • コピー
  • 貼り付け
  • 巻き戻し
  • 再生、一時停止
  • 早送り
  • ミュート
  • 音量を小さく
  • 音量を大きく
  • 画面ロック

それ以外にもfnキー+上下左右キーでpageup、dwonなどもできます。

iPad miniを閉じれば画面保護が可能

これも画像のとおりですが、iPad miniを閉じれば画面保護も可能です。

オートスリープ/ウェイクアップ機能がついている

Arteck超薄型Bluetoothキーボードにはオートスリープ/ウェイクアップ機能がついていいます。

ですので、iPad miniを閉じれば自動的にスリープされ、

Arteck超薄型Bluetoothキーボードのイマイチな点

Arteck超薄型Bluetoothキーボードのイマイチな点は以下の6点になります。
(6点とか多いな・・・)

  • iPad miniに背面保護ケースを装着することができない
  • iPad miniに厚目のガラスフィルムを装着することができない
  • MacBookよりキーストロークが深くて、タイプミスしやすい
    (押したつもりが押してない判定になる)
  • キーボードはUS版しかない
  • Enterキーを押したときに淵に指があたって押せないことが多い
  • iPad miniの角度は130度までしか倒れない

順番に見ていきましょう!

iPad miniに背面保護ケースを装着することができない

iPad miniを装着する部分は結構iPad miniのサイズぴったりにつくられているので、iPad miniに背面保護ケースを装着しているとキーボードに取り付けることができません。

なので、このキーボードを装着したまま持ち歩くことを検討している場合はiPad miniの背面の保護は諦める必要があります。

iPad miniに厚目のガラスフィルムを装着することができない

これも上記と同じ理由です。

僕の場合、無理矢理突っ込んだらハマりはしましたが、片側は中途半端になった且つ、ガラスフィルムがヒビ割れてしまいました・・・。

MacBookよりキーストロークが深くてタイプミスしやすい

僕が使っているMacBook Pro2015 よりもキーストロークが深くてタイプミスしやすいです。

自分では完全に押したつもりになってるんですけど、押せてなくてストレスが溜まります。

まぁこれは慣れの問題ですね。

キーボードはUS版しかない

これはサードパーティ製のキーボードあるあるですが、US版のキーボードしかありません。

JIS版派の僕にとってはマイナスポイントですね。

Enterキーを押したときに淵に指があたって押せないことが多い

US版でEnterキーが小さいっていうこともありますが、カバーの淵に指が当たってEnterキーが押せてないことが多々あります。

これも慣れの問題とは思いますが、ストレスがたまる一因となります。

iPad miniの角度は130度までしか倒れない

iPad miniの角度は130度までしか倒れないので、膝の上に載せてキーボードをパチパチするには角度が浅すぎまて首が痛くなります。

MacBookぐらい傾いてくれるとうれしいんですけどね。


分かるとは思いますが、左がMacBook、右がArteck超薄型BluetoothキーボードiPad miniになります。

ほんと180度とまではいかなくとも、MacBookぐらいの角度まで傾いてほしかったです。

ちなみにiPad Pro+10.5インチ+スマートキーボードと比べたらこんな感じ。


iPad Pro10.5インチ+スマートキーボードのほうが若干深く傾きますね。

まぁiPad Pro10.5インチ+スマートキーボードはこの角度1択ですけど。

まとめ

いかがだったでしょうか。

全体的におしいというのが僕の感想です。

なのでiPad miniのPC化計画は一旦諦めで、iPad Pro10.5インチ+スマートキーボードでPC化を目論みます。

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで休職中→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/ #30DAYSトライアル 1st完了→2nd実施中 / 日々の学習内容をブログにアウトプット / まずは月収5万円を目指す