Rails

挫折しないRailsチュートリアルまとめ【第2章】

Railsチュートリアルの第2章を走破しました。

※この記事はAWS Cloud9を使用していることを前提としています。

Railsチュートリアル第2章の内容

Rlilsチュートリアル第2章では、Toyアプリケーションを作成することで、Scaffoldという機能を学習します。

Scaffoldはドットインストールでも使った、下記のようなアプリを一つのコマンドで作成できるRailsの機能ですね。

Railsチュートリアルでは基本的にScaffoldは使用せずに一つずつ実践しながらアプリを作り上げていきながら学習しますが、第2章に限りRailsの概要を理解するためにScaffoldを使用するとのことです。

2.1 アプリケーションの計画

このパートではScaffoldを使用してアプリケーションを作成するために、Railsアプリケーションを作成し、1章での成果物と同じものをHerokuにデプロイするところまでを行う。

ちなみにTOYアプリケーションはTwitterのツイート機能だけをもったアプリケーションを開発することになる。

  1. Railsアプリケーションを作成する
  2. Gemfileを1章と同じように修正
  3. gemをインストール
  4. Gitリポジトリの作成
  5. 全てのファイルをステージング(追跡対象に)する
  6. Gitにコミットする
  7. Bitbucketで新しいリポジトリを作成する。



  8. Applecationコントローラにhelloアクションを追加し、”hello, world!”と出力するようにコードを記述する。
  9. Applecationコントローラのhelloアクションをrootに設定する。
  10. 修正内容をコミット。
  11. Herokuをインストール。
    *Railsチュートリアルには記載されていなかったので、注意が必要です。
  12. Herokuにログイン
    *Railsチュートリアルには記載されていなかったので、注意が必要です。
  13. HerokuにSSHキーを追加
    *Railsチュートリアルには記載されていなかったので、注意が必要です。
  14. Heroku上にアプリケーションを作成。
  15. Herokuにデプロイ(プッシュ)
  16. 「heroku create」時に表示されたURLにアクセスして以下のようなページが表示されればOK。

ここまででScaffoldを使用してアプリケーションを開発する準備が完了。

以降のパートで、実際に開発を開始する前に管理するデータのモデルの設計を行う。

2.1.1 ユーザーのモデル設計

2章で作成するTOYアプリケーションでは最小限のユーザー管理を行うために、以下のようなユーザーモデルを管理する。


引用元:Railsチュートリアル 第2章 2.1.1

idは一意となるキーでユーザーの名前とemailを管理する。

「users」はデータベースのテーブルに相当し、「id」「name」「email」はデータベースのカラムに相当する。

2.1.2 マイクロポストモデルの設計

ツイートを管理するデータモデル。


引用元:Railsチュートリアル 第2章 2.1.2

usersと同様に一意キーである「id」とツイートの内容を格納する「content」を管理し、どのユーザーが投稿したものか判断できるようにusersモデルの「id」を「user_id」として管理することでusersモデルと関連付けている。

2.2 Usersリソース

設計したモデルとWebインターフェースが合わさってリソース(2章の例だとUsersリソース、Contetsリソース)となり、モデルに対してHTTPプロトコル経由でモデルデータの作成/取得/更新/削除できるオブジェクトとみなすことができるようになる。

これをRailsではScaffoldを実行するだけで作成することができる。

idについてはRailsが自動的に作成してくれるので、Scaffold実行時に指定する必要はない。

Scaffoldを実行しただけではダメで、下記のコマンドを実行しリソースに対応するモデルをデータベースに作成する必要がある。

ここまで実行すると、ユーザーを管理するページをWeb上で動作するようになる。

2.2.1 ユーザーページを探索する

1章で行ったようにRailsに付属しているWebサーバーを起動することで、2.2で作成したユーザーを管理するページを確認することができる。

ユーザーページ表示方法(AWS Cloud9の場合)




これだけで以下の機能が実装されている。

  • ユーザー一覧の表示
  • 新規ユーザー登録
  • 既存ユーザーの照会
  • 既存ユーザーの修正
  • 既存ユーザーの削除

2.2.2 MVCの挙動

1章のまとめでも貼った下記のような図(Railsチュートリアルで使用されている図はもっと簡略化されている)を使用して、ユーザーページが表示される過程をMVCモデルに当てはめて説明している。

演習1

2.2.3 Usersリソースの欠点

Scaffoldでお手軽に作成したリソースの欠点として以下があげられる。

Scaffoldで作成したリソースの決定
  • データの検証が行われていない
  • ユーザー認証が行われていない
  • テストが書かれていない
  • レイアウトやスタイルが整っていない
  • 理解が困難

2.3 Micropostsリソース

2.1.2で設計したMicropostsモデルに対してUsersと同じようにリソースを作成していく。

2.3.1 マイクロポストを探検する

Scaffoldを実行したあとに「rails db:migrate」を行いMicropostsリソースを作成すると、マイクロポストのページにアクセスできるようになります。

このマイクロポストページもScaffoldで作成しているので、ユーザーページと同様の機能と弱点を持っていることになります。

2.3.2 マイクロポストをマイクロにする

モデルにバリデーションをつける。

バリデーションについては、30DAYSトライアルで学習済み。

2.3.3 ユーザーはたくさんマイクロポストを持っている

テーブル(モデル)の多重度を「has_many」と「belongs_to」を使って表します。

「has_many」と「belongs_to」についてはドットインストールで学習済み。

2.3.4 継承の階層

いずれのモデルもコントローラーも基本のクラスを継承して成り立っている。

継承関係は以下の通り。

2.3.5 アプリケーションをデプロイする

Scaffoldを実行した結果の変更をHerokuにデプロイする。

Scaffoldで新しいファイルが作成されているので「git add -A」から行う必要がある。

まとめ

Scaffoldを使用してアプリケーションを作成し、MVCモデルの説明やRESTアーキテクチャについて学習することができました。

出てきたもののほとんでおは30DAYSトライアル(Progate、ドットインストール)で事前に学習した内容だったので、良い復習になったと思いますが、事前に学習してなかったら「?」が多く、足踏みした気がしますね。

30DAYSトライアルやっといてほんと良かった。

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで休職中→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/ #30DAYSトライアル 1st完了→2nd実施中 / 日々の学習内容をブログにアウトプット / まずは月収5万円を目指す