ruby

Ruby初心者の基本構文まとめ

Rubyの学習・開発を行う上で学んだ基本構文の備忘録です。

2019年11月4日現在ではドットインストール「Ruby入門」レベルのことを記載しています。

もう少し基本的な内容を確認する場合は以下をご参照ください。(ProgateのRubyコースの学習記録)
30DAYSトライアル4th(Rails)の学習内容まとめ【DAY1】
30DAYSトライアル4th(Rails)の学習内容まとめ【DAY2】
30DAYSトライアル4th(Rails)の学習内容まとめ【DAY3】
30DAYSトライアル4th(Rails)の学習内容まとめ【DAY4】

標準出力

変数

定数

数値・文字列

配列

ハッシュ

オブジェクトを変換

%記法

条件分岐

if文

case文

繰り返し処理(ループ)

while文

times文

for文

each文

loop文

メソッド

クラス

クラスの継承

モジュール

使用用途は以下がある。

  • 名前空間の管理
  • メソッド名が他のクラスと重複してしまうことを防ぐ

  • ミックスイン
  • 継承関係のないクラスに共通処理を埋め込むことができる

例外処理

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリ、ガジェットなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで2度休職からの復帰→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/日々の学習内容をブログにアウトプット/ブログで収益1万円/月は達成/次は5万円/月を目指す/