30DAYSトライアル4th

30DAYSトライアル4th(Rails)の学習内容まとめ【DAY1】

先日Tweetしたとおり「Webサービスを作りたい」という思いを叶えるため2ndを中断して4th(Rails)をやっていきます。

30DAYSトライアル4thの記念すべき第1日目は「Progate Ruby コース(2章まで)」になります。

ProgateのRubyコースを4日間で終わらせるスケジュールです。

文字列・数値

  • 文字列は「’(シングルクォーテーション)」or「”(ダブルクォーテーション)」をついける
  • コンソール出力。
  • 構文の文末に「;」などは不要
  • コメントは「#」
  • 足し算:+、引き算:-、掛け算:*、割り算:/、割り算の余り:%
  • 文字の連結:+

変数

  • 変数の宣言
  • 演算の省略記述
  • 変数を文字列に含める

条件分岐

  • if文の構文
  • 比較演算子
  • &&:且つ、||:又は

配列・ハッシュ

  • 配列の構文
  • 配列を「puts」すると値が全て出力される
  • インデックス番号は0から
  • 配列の繰り返し処理(each文)の構文
  • ハッシュの構文
  • ハッシュに存在しないキーを指定すると「nil(ニル)」という何もない値が出力される
  • if文ではnilはfalseと判断される
  • 配列の中にハッシュを格納可能

感想・まとめ

処理自体は他の言語を経験していれば特に問題ないが、構文が独特なところがあるので経験者は逆に戸惑う部分があると思います。

プログラミング初心者の方はハッシュとかeachがつまずきポイントではないかなと。

構文は暗記する必要がないので、「こういう事ができる」というのをしっかりとおさえておくことが大事ですね。

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで休職中→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/ #30DAYSトライアル 1st完了→2nd実施中 / 日々の学習内容をブログにアウトプット / まずは月収5万円を目指す