ガジェット

【タビショット】GoProなどの人気カメラを格安でレンタルできるサービス

最近 vlogをやってみたいという衝動に駆られています。

vlogをやるんだったら必要になってくるのはGoProやオズモポケットなどのアクションカメラ。

もちろんスマホでもvlogは撮れるとは思いますが、スマホはスマホで手元に置いておきたいと思うので、アクションカメラが欲しいと思うわけです。

でも、アクションカメラは安いものではありません。普通に数万円してきます。

それでアクションカメラを買ったはいいけど、vlogが続かなかったとなるとかなりしんどいですね。

なので購入する前にちょっとアクションカメラをお試ししたい!って方は結構いるはずです。

僕も含めアクションカメラをお試ししたいと思ってる方にちょっと面白いサービスをご紹介します。

それは人気カメラのレンタルサービスを提供している「タビショット」です。

それでは早速見ていきましょう。

人気カメラレンタルサービス タビショットとは

タビショットは株式会社エンカラーズが提供している旅行に最適なカメラをネットで簡単にレンタルできるサービスになります。

レンタルするには身分証明書は必要なく、全国どこでも送料無料、低価格・破損保証無料などがついているカメラレンタルサービスです。

2017年からサービスを開始して現在もサービスを提供し続けてくれています。

メインの用途は旅行やイベントでのカメラのレンタルですが、僕のようにアクションカメラをお試しで使ってみたいといった方にも魅力的なサービスとなっています。

人気カメラレンタルサービス タビショットの魅力

早速タビショットの魅力にせまっていきたいと思います。
タビショットの魅力は以下の通りです。

  • ラインナップに人気カメラが揃っている
  • レンタルにかかるのは4つのステップ
  • 初心者も安心のレンタルサポート
  • 充実した保証精度
  • 気に入ったらそのまま買い取りもできる

順番に見ていきましょう。

ラインナップに人気カメラが揃っている

タビショットのラインナップには人気のカメラが揃っています。

  • GoProシリーズ
  • Sony Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1
  • Sony Cyber-shotシリーズ
  • Canon PowerShotシリーズ
  • 360度カメラシリーズ
  • チェキシリーズ
  • DJI Osmo Pocketシリーズ

上記の他にもスーツケースやSDカード、三脚のレンタルも可能です。

GoProシリーズ

アクションカメラの王道であるGoProシリーズはHERO5〜HERO9、360度撮影が可能なMax、Fusionがレンタル可能です。

王道だけあって過去シリーズから最新シリーズまでラインナップが豊富ですね。

さらに、カメラアームなどが付属している初心者セットや、ダイビングを楽しむためのシューノーケルセットなどもラインナップされています。

4K撮影、防水機能、広角レンズ搭載でさらに普通のデジカメと比べて圧倒的なコンパクトさでvlog撮影には鉄板のカメラになります。

料金

4日レンタルの料金(税込)です。延長は1日つき500円になります。

GoPro HERO5 4,480円(税込)
GoPro HERO6 5,480円(税込)
GoPro HERO7 6,480円(税込)
GoPro HERO8 7,480円(税込)
GoPro HERO9 9,480円(税込)
GoPro MAX 8,980円(税込)

Sony Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

2020年6月に発売Sonyから発売されたVlog用カメラZV-1がレンタル可能です。

4K撮影は可能だし、バリアングル液晶モニターで自撮りも完璧。

手ブレ補正もついてるので、散歩などを気軽にvlogとして撮影することが可能です。

その他にも背景ぼけ切り替えで主役を引き立たせる撮影モードや、商品レビュー様の設定があったりと色んな場面で活躍してくれます。

料金

4日レンタルの料金(税込)です。延長は1日つき500円になります。

ZV-1 9,980円(税込)

Sony Cyber-shotシリーズ

SonyのコンパクトデジタルカメラのCyber-shotシリーズからはRX100とRX100M5Aをレンタルすることができます。

RX100シリーズは初めてのデジカメにオススメできる初心者向けのカメラとなっています。

RX100には1.0型センサーとF1.8レンズをコンパクトなボディに搭載し、光学式手振れ補正、色々な撮影モードが用意されています。

また、RX100M5Aにはさらに4K撮影機能やより高度な手振れ補正が追加されています。

料金

4日レンタルの料金(税込)です。延長は1日つき500円になります。

RX100 5,480円(税込)
RX100M5A 9,980円(税込)

Canon PowerShotシリーズ

CanonのPowerShotシリーズからはG7 X MarkⅡがラインナップされています。

F1.8-F2.8、24-100mmの光学42倍ズームレンズを搭載したコンパクトボディがウリです。

さらにはWi-Fi機能が備わっているので、ケーブルなしで撮影した写真や動画をスマホなどに送ることができます。

液晶がタッチパネルになっているので操作性もバッチリです。

料金

4日レンタルの料金(税込)です。延長は1日つき500円になります。

G7 X MarkⅡ 6,480円(税込)

360度カメラ RICHOTHETAシリーズ

360度カメラシリーズはRICOHTHEATA SC2、V、SCとinsta360 ONE Xがラインナップされています。

360度カメラはその名の通り、360度の写真が撮影できるカメラになっています。

RICOTHEATAシリーズはいずれも1度のシャッターだけで360度の撮影が可能となっており、SDカードが不要で本体にデータを保存することができます。

また、専用アプリを使用することで、簡単にスマホにデータを送信することができます。

この中でもVだけは4K撮影に対応しています。

insta360 ONE Xは脅威の5Kで360度の撮影が可能なモデルです。

その他はRICOTHEATAシリーズと同様に1度のシャッターで360度を撮影可能なのと、専用アプリでスマホにデータ転送ができます。

しかし、こちらは本体に画像は保存できずSDカードが必ず必要になります。

料金

4日レンタルの料金(税込)です。延長は1日つき500円になります。

RICOHTHEATA SC2 3,980円(税込)
RICOHTHEATA V 5,980円(税込)
RICOHTHEATA SC 3,480円(税込)
insta360 ONE X 6,980円(税込)

チェキシリーズ

撮影したその場でプリントできるチェキからはインスタントカメラであるinstax miniシリーズから11、LiPlay、SQUARE SQ20、mini8プラスがラインナップされています。

さらに、スマホで撮影した写真をその場で印刷できるスマホdeチェキ instax SHARE SP-3もレンタル可能です。

8プラスと11は誰が見てもチェキと分かる王道デザイン、LiPlayはカメラに液晶がついていて、何度でも撮影し、その中からプリントする写真を選択することができます。

SQUARE SQ20にも液晶モニターがついており、モニターを見ながら撮影可能で、こちらはプリントする写真が正方形であることが特徴です。

料金

4日レンタルの料金(税込)です。延長は1日つき300円になります。

instax mini 11 2,480円(税込)
instax mini LiPlay 2,980円(税込)
instax mini SQUARE SQ20 3,980円(税込)
instax mini8プラス 1,980円(税込)
スマホdeチェキ instax SHARE SP-3 3,980円(税込)

DJI Osmo Pocketシリーズ

ジンバル付きの小型のカメラとして人気のDJI Osmo Pocetもレンタルすることが可能です。

4K撮影可能で専用アプリでスマホにも簡単にデータ送信ができ、何よりもジンバルが付属しているので圧倒的な手ブレ補正機能がついています。

それなのに小型で携帯性は抜群。

ちなみに僕が今一番欲しいカメラになります。

料金

4日レンタルの料金(税込)です。延長は1日つき500円になります。

DJI Osmo Pocet 3,980円(税込)

レンタルにかかるのは4つのステップ

レンタルにかかるのは4つのステップだけになります。

  1. ネットで注文
  2. カメラを受け取る
  3. カメラを使う
  4. コンビニで返却する

超簡単ですね。

順番に見ていきます。

ネットで注文

レンタル開始の注文はネットショッピングをする感覚で行えます。

会員登録なしでもレンタルすることはできますが、一度会員登録してしまえば、あとはログインしてレンタルしたい商品を選ぶだけです。

支払い方法はクレジットカード決済、Amazon Payが利用できます。法人での利用の場合のみ口座振振込にも対応していますが、クレジットカードを持っていない人もいるので、個人に対しても口座振込に対応してたら言う事なしでしたね。

レンタル方法、会員情報の登録方法は後ほど説明します。

カメラを受け取る

カメラの受けとり場所は自宅だけでなく宅配ボックス、職場や宿泊先のホテルなど、柔軟に対応できます。

また、ヤマト運輸の各営業所での受け取りも可能となっています。

これで、旅行中にやっぱりカメラをレンタルしたい!

となっても柔軟に対応することができますね。

送料が無料なのもうれしいポイントです。

初心者も安心のレンタルサポート

初心者にも安心のレンタルサポートはかなり充実しています。

  • 往復送料無料
  • キャンセル料無料
  • 品質管理ばっちり備品Only
  • 全品安心保証付き
  • LINE登録で11%OFFクーポン
  • LINEで質問OK
  • コンビニで簡単返却
  • 身分証不要でお手軽レンタル

こうして見ると初心者じゃなくても安心して使えるサービスが揃っていますね。

往復送料無料

タビショットでレンタルする全ての商品は受け取り、返却の際の送料はどちらも無料となっています。

レンタル料金以外に費用がかからないので、気軽にレンタルできますね。

キャンセル料無料

旅行の際に天候が悪化して撮影日和じゃなくなってしまったり、旅行自体が急用でなくなってしまった場合もキャンセル料が無料なので安心です。

僕の場合は旅行というより、vlog用カメラの購入前のお試し利用を考えているので、キャンセルすることはあまり考えにくいですが、キャンセル料無料なのは嬉しいですね。

しかし、キャンセル料が無料だからといって無謀なレンタルを予約しまくるのはやめまて、常識の範囲で予約しましょう。

品質管理ばっちり備品Only

レンタル品なので、他の人が使ったあとのものを使うことになりますが、返却ごとにメンテナンスを行っているため備品しか取り扱っていないとのこと。

また、このご時世なので新型コロナウイルスへの感染も気になりますが、返却ごとに除菌、殺菌、消毒など徹底的にしてくれているので安心です。

全品安心保証付き

万が一過失でカメラが故障してしまったとしても、免責代は上限が1,000円となっているので、レンタル中は安心してガシガシ使えます。

しかし、免責代が上限1000円だからといって雑に取り扱うのではなく、次にレンタルする人もいるということを考えて丁寧に扱いましょう。

後述しますが、過失の故障・破損で修理できない場合は最大でメーカー販売価格の100%を支払う必要があるので注意が必要です。

じゃあ免責代の上限は1,000円じゃないじゃんって話しですが。

LINE登録で11%OFFクーポン

会員登録時にラインを登録するだけで11%OFFのクーポンを利用できるようになります。

ただでさえ格安でレンタルできるのに、さらに11%OFFできるのは嬉しいでsね。

LINEで質問OK

レンタルしたカメラは初めて使うことがほとんどだと思います。

初めてであれば操作方法に困ることがありますよね?

これもタビショットの公式LINEあてにLINEすると操作方法を優しく教えてくれます。

また、レンタル前の商品選びのアドバイスもしてくれるのはありがたいですね。

コンビニで簡単返却

レンタル期間終了後は最寄りにコンビニから返却可能です。

また、ヤマト運輸の各営業所や集荷依頼、空港からでも返却が可能となっているのでギリギリまでレンタルしたカメラを楽しむことができます。

身分証不要でお手軽レンタル

レンタルするには身分証は必要ありません。

これによって気軽にレンタルすることが可能となっています。

充実した保証精度

先にも書きましたが、レンタルしたカメラを使用中に万が一商品を故障、破損させてしまった場合も最大1,000円の免責代のみの支払いとなります。

もちろん、過失での故障でなければ(自然故障・経年劣化など)免責代は一切かかりません。

また故障が発生した時点で速やかに連絡すれば、レンタル料金を最大全額返金もしてくれ、代替商品の送付もしてくれます。

ただし、注意が必要な点は過失で商品を故障、破損させてしまった場合に修理不可能な故障であった場合は、最大でメーカー販売価格の100%を上限とする金額を支払う必要があるので注意が必要です。

これはレンタルしているカメラを盗難・紛失した場合も同じなので、レンタルしたカメラは大事に取扱ましょう。

また、不具合や動作不良については説明書・ホームページ等で使い方が謝っていないか確認した結果でも解決しない場合は、LINE、電話、メールでの問い合わせが可能です。

この問い合わせには一切料金がかからないので、安心です。(通話料などはかかります)

気に入ったらそのまま買い取りもできる

カメラをレンタルして使用している中で、カメラのことが気に入ってしまって手放したくなくなった場合は、プラス料金を支払うことでそのままカメラを買い取ることができます。

レンタル品なので、中古品扱いですが、中古品でも気にならない方は、カメラの状態や使用感も確認できた上で購入できるので、いちいち中古品市場をチェックする必要がないので手間がはぶけます。

僕なんかは中古品でも気にならないので、レンタルして良かったらそのまま購入という方法をかなりありだと考えています。

例えば僕が今一番欲しいカメラであるDJI Osmo Pocketはレンタル中に26,000円で購入することが可能です。

最新版ではないDJI Osmo Pocketですが、定価だと45,000円程しますが、中古品と考えればお得です。

人気カメラレンタルサービス タビショットの注意点

タビショットを利用する中で注意すべき点です。

  • 長期や何度もレンタルする場合は購入したほうがお得

これは言うまでもないですよね。

あくまでレンタルなので、長期間や複数回レンタルすると購入したほうがお得になります。

なので、利用は単発での旅行やイベント、購入前のお試し利用などにとどめたほうが良いです。

人気カメラレンタルサービス タビショットでのレンタル方法

タブショットでのレンタル方法を説明します。

  1. タビショットのホームページ下部にあるレンタル商品一覧からレンタルしたい商品を選択
  2. カレンダーからお届日を選択
  3. カレンダーから返送日を選択(お届け日から4日以上後の日にする必要があります)
  4. 数量を選択
  5. カートに入れるを選択
  6. 送料無料でレンタルするを選択
  7. レンタル手続きへを選択
  8. お名前、お名前(フリガナ)、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスを入力して次へを選択
    ※カメラの届け先が入力した住所と異なる場合は「お届け先を指定」も選択
  9. お支払い方法、お届け時間、備考(宅配ボックスの利用希望など)、クーポンの利用有無を選択、入力して次へを選択
    ※お客様情報入力画面でお届け先を指定にチェックを入れると、ここでお届け先の情報を入力することになります

  10. 入力内容を確認し、次へを選択すると注文完了です。

普通の通販サイトのようなイメージで簡単ですね。

会員登録すると住所などを毎回入力する必要がなくなるので、繰り返しの利用を考えている方は、会員登録することをオススメします。

また、会員登録してメールマガジンを受け取っておくと割引クーポンが配布されることもあります。

人気カメラレンタルサービス タビショットの会員登録方法

タビショットの会員登録の方法を説明します。

  1. タビショットのホームページ右上にある会員登録を選択
  2. 利用規約を確認し、同意して会員登録へを選択
  3. 会員情報を入力し、確認ページへを選択
    ※メールマガジンでクーポン配布されたりするので、メールマガジンは受け取ったほうが良いです
  4. 入力した会員情報を確認し、会員登録するを選択すると会員登録が完了します

会員登録も簡単ですね。

先にも書きましたが、会員登録するならクーポンが配布される可能性のあるメールマガジンは必ず受け取るように設定しておきましょう。

まとめ

人気カメラを格安でレンタルできるタビショット、いかがだったでしょうか。

旅行やイベントなどを写真や動画でおさめたい、欲しいカメラがあるけど高いし、一度試しに使ってみたいなどの時に便利です。

僕はコンデジは持っているので、レンタルするならチャレンジしてみたいvlog用にGoProかDJI Osmo Pocketかなぁ。

GoProやデジカメを簡単レンタル!Tavishot【タビショット】

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリ、ガジェットなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで2度休職からの復帰→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/日々の学習内容をブログにアウトプット/ブログで収益1万円/月は達成/次は5万円/月を目指す/