30DAYSトライアル4th

30DAYSトライアル4th(Rails)のまとめ【DAY25(仮)】

30DAYSトライアル4th(Rails)DAY25(仮)の課題は「Progate Rails コース(10章まで)」です。
※(仮)としているのは東京フリーランスの記事ではDAY20までしか書かれていないので、その先を勝手に進めているからです。

30DAYSトライアル4th(Rails)DAY25(仮)の学習内容

30DAYSトライアル4th(Rails)DAY25(仮)の学習内容は以下のとおりです。

30DAYSトライアル4th(Rails)DAY25(仮)の学習内容
  • いいね機能を作ろう:既存の2テーブルと紐つく新規テーブルを作成
  • いいねボタンを改良しよう:共通スタイルシートの読み込み
  • いいねした投稿を表示しよう:テーブルのデータ件数取得

ProgateのRailsコースはTwtter的なアプリを作りながらRailsを学習していきますが、今回の10章で真新しいものは出てこなさそうな雰囲気です。

マイグレーションファイル作成時に複数カラムを同時に作成する

モデル作成コマンド「rails g model」は以下のように記述することで、複数のカラムを持つテーブルを作成できる。

手動でコントローラを作成する

コントローラ作成コマンド「rails g controller」を実行するとビューファイルなども自動的に作成されてしまうため、ビューファイルが必要ない場合は手動でコントローラを作成する。

手動でコントローラを作成する場合は「/app/controller/コントローラ名_controller.rb」というファイルを手動で作成し、以下のような内容を記述する

共通のスタイルシートの読み込み

スタイルシートの読み込みなどの共通HTMLはapplication.html.erbに書く。

Progateの課題では「Font Awesome」のスタイルシートを読み込んでましたが、ここに共通のものが記述できるのであれば、Bootstrapなどの読み込みもapplication.html.erbに記述したら良いということですね。

HTML要素に対してlink_toメソッドを使用する

リンクの文字列にHTML要素(今回の場合はFont Awesome」の使用)を含む場合はlink_toメソッドの記述方法を変える必要がある。

テーブルのデータ件数を取得:countメソッド

モデルに対してcountメソッドを使用することによって、テーブルのデータ件数を取得できる。

まとめ

意外と新しいことが出てきましたね(笑)

Railsで「Font Awesome」とか「Bootstrap」とかのCSSフレームワークをどうやって使うんだろうと思ってましたが、謎がとけてすっきりしました。

ProgateのRailsコースはあと学習コースと道場コースの1つずつ。

サクッと終わらせて、Railsチュートリアルに入っていきたいです。

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで休職中→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/ #30DAYSトライアル 1st完了→2nd実施中 / 日々の学習内容をブログにアウトプット / まずは月収5万円を目指す