PHP

【PHP】composerのインストール方法

UdemyPHPからLaravelまで はじめてのプログラミング入門【初心者向け】【わかりやすさ最重視】を進めるにあたり、Laravelをcomposerでインストールしようとした時にはまったので、備忘録として書き留めておきます。

composerとは

composerとはPHPのパッケージ管理システムになります。

プロジェクトが必要とするライブラリやパッケージを管理し、その管理した情報をもとにインストールを行うことができます。

このライブラリやパッケージをインストオールする際に面倒なのが、ライブラリやパッケージごとの依存関係。

ライブラリAをインストールしたいけど、それはにはライブラリBとCが必要でライブラリBにはまたライブラリDが・・・

なんてめちゃくちゃめんどくさいですよね。

その依存関係も解決してインストールしてくれるのが、composerになります。

いや〜便利ですね。

composerのインストールするきっかけ

UdemyPHPからLaravelまで はじめてのプログラミング入門【初心者向け】【わかりやすさ最重視】でさらっとcomposerからLaravelをインストールしましょうって言われましたが、ターミナルから

「composer何それ?」

って言われちゃいました・・・。

そこでPHP入れたらついてくるもんじゃないってことを知りましたね。

じゃあそこも説明してよって思いましたが、ここも自分が成長できるチャンスだと信じてグーグル先生に解決の手ほどきをしてもらいまいした。

composerのインストール方法

  1. composerのダウンロードページ(https://getcomposer.org/download/)にアクセスします。
  2. 上記画像の1〜4を順番にターミナルで実行します。
  3. まずは1つ目を実行します。
  4. 2つ目を実行します。
  5. 3つ目を実行します。
  6. 4つ目を実行します。
  7. lsコマンドで「composer.phar」インストールされたことを確認できたらインストール完了させる。

これで無事composerを使ってLaravelなどをインストールできるようになりました。

composerをインストールしてからハマったこと

これでめでたしめでたしと思っていたら、「composer –version」でバージョンの確認ができませんでした。

なんでやねんと困っていたら、「composer.phar –version」とするとバージョンの確認が確認できました。

ちょっと腑に落ちませんが、結果的にcomposerが使用できるようになったのでOKとします。

composerのインストール方法まとめ

composerのインストールは

  • composerのダウンロードページ(https://getcomposer.org/download/)にアクセスします。
  • ダウンロードページに書いてあるコマンドを4つ実行する

になります。

composerのインストールに困っている方の参考になれば幸いです。

 

 

 

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで休職中→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/ #30DAYSトライアル 1st完了→2nd実施中 / 日々の学習内容をブログにアウトプット / まずは月収5万円を目指す