読書

【読書】天才ハッカー安倍響子と五分間の相棒:一田和樹

今まではほぼ石田衣良さん、伊坂幸太郎さんの小説しか読んだことありませんでしたが

自分の職業がSEということもあり、「ハッカー」という単語に反応してしまいました。

感想

twiiterやfacebookなど身近にある実際のサービスが出てきてとっつきやすく、読みやすかったです。

元々、ハッカーとしての能力をもっていなかった主人公が、カードの不正利用を暴くためにハッカーが使用するツールを利用し、

情報を暴いていくことに、快感のようなものを覚えていき最初はハッカー集団の仲間になることを拒んでいたものの最終的には仲間になってしまう。

自分がそのような技術や知識を身につけたら、どのように使うのかどんなことができるのかかということを考えると、どんどんのめりこんでしまい一気に読んでしまいました。

その一方でなりすましなどを防ぐためにパスワードを使いまわさないようにする等セキュリティに関することを改めて考えさせられました作品でした。

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリ、ガジェットなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで2度休職からの復帰→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/日々の学習内容をブログにアウトプット/ブログで収益1万円/月は達成/次は5万円/月を目指す/