読書

【読書】一発屋大六:城山三郎

あらすじ

銀行員・今田大六はいつか一発あててやるぞと、闘志だけは満々あが、うだつのあがらぬ毎日。

ある日、大六に一千万円紛失の疑いが。

退職に追い込まれた彼を、以前から不思議な縁のあったカリスマ相場師・根岸が拾う。

彼の驚くべき仕事振りを目にして、大六の人生は大きく変わっていく。

【引用元】一発屋大六 裏表紙

感想

正直自分にははまりませんでした。

時代背景が古いからなのか、いまいち話しが入ってこずに惰性で読みきった感じです。

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで休職中→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/ #30DAYSトライアル 1st完了→2nd実施中 / 日々の学習内容をブログにアウトプット / まずは月収5万円を目指す