プログラミング

Twitter APIの登録方法 ※例文、画像あり

現在PHPで作成しているTwiter風アプリとTwitterを連携させるためにTwitter APIの登録を行いました。

登録するためには英語で理由を書いたりと結構しんどかったので、備忘録の意味合いも込めてTwitter APIの登録方法をまとめます。

Twitter APIの登録方法

早速登録していきます。

  1. 以下のURLにアクセスします。
    https://apps.twitter.com/
  2. 「Create an app」をクリックする
  3. Twitterの開発者アカウントを申し込むか聞かれるので「Appay」をクリックする
  4. Twitterの開発者アカウントを使用する主要目的を聞かれるので、一つ選択して「Next」をクリックします。
  5. 登録内容の確認が表示されるので、問題ないことを確認して「Next」をクリックする。
  6. 住んでいる場所、ニックネーム、Twitter APIの更新情報を受け取るかを入力し、「Next」をクリックする。
  7. Twitterデータをどのように分析するのかなどの説明を英語で答えて、「Next」をクリックする。
    僕はGoogle翻訳で翻訳したものをそのまま貼り付けました。

  8. 登録内容の確認と、利用規約へ同意を行い「Submit Application」をクリックする。」をクリックする。
  9. メールの確認を促す画面が表示されるので、該当のメールを開き「Confirm your email」をクリックする。
  10. アプリ名の入力の画面に遷移するので、アプリ名を入力し、「Get Keys」をクリックする。
  11. 各種キーが表示されるので、メモして「Test an endpoint」をクリックする。
  12. 各種キーを保存したか聞かれるので、「Yes, I saved Them」をクリックする。
  13. Twitter APIの取得完了です。

まとめ

今回はTwitter APIの取得方法を紹介しました。

登場するのは英語ばかりで戸惑いますが、Google翻訳があればなんとなるレベルです。
(画像には僕の例文の載せています)

次回は実際にTwitter APIを使用してのプログラムを紹介できるにうに頑張ります。

ABOUT ME
Jyu2
【PC1台で稼ぐブロガー兼Webエンジニアを目指し中】IT情報やWebサービス、アプリなどの情報を発信/SIerで10年以上勤務→ストレスMAXで休職中→ブログとWebの学習を行い脱サラ計画中/ #30DAYSトライアル 1st完了→2nd実施中 / 日々の学習内容をブログにアウトプット / まずは月収5万円を目指す